視力障害の
幹細胞上清液による治療

視力低下・老眼・ピントのずれに
幹細胞上清液が視神経を回復、再生

幹細胞培養上清液で、『視力障害治療』に取り組んでいます。

日々の生活の中で、老化を一番に感じるのは、視力低下ではないでしょうか? 老眼が進み、メガネでの調整も微妙にピントがずれ、視界が、はっきりくっきりしない事のストレスは大変おおきいものです。趣味の読書や手芸なども段々と辛くなり、遠ざかってしまうのは寂しいことです。

当院で、上清液を使ったアレルギー性疾患の治療を点鼻で行っていた患者さんが、ある日、「先生、視力が回復しているんです」と報告されました。 幹細胞を用いた再生医療に於いて、視力回復という治験やデータがなく、色々と検証した結果、点鼻で鼻の粘膜を通過した上清液が視神経を回復、再生させたのではないかと私なりの結論に達しました。

上清液治療は、自覚症状がない患部のSOS信号をキャッチし、傷んだ患部を回復させる能力や免疫力向上に期待ができます。 詳しくは、お電話でご予約・ご相談を承ります。お気軽にお電話ください。

『視力障害』でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

再生医療クリニック-国際美容外科-
〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前3-22-5 Mビル2号館8F