自己脂肪由来幹細胞による 再生医療のご案内  脊髄損傷・慢性疼痛・関節の障害・プロアスリートの治療・身体機能向上・運動機能向上・予防医療・外傷性疾患の治療など 

自己脂肪による
幹細胞を用いた再生医療

脊髄損傷・慢性疼痛・関節の障害・プロアスリートの治療
身体機能向上・運動機能向上・予防医療・外傷性疾患の治療など

自己脂肪由来幹細胞による 再生医療のご案内  脊髄損傷・慢性疼痛・関節の障害・プロアスリートの治療・身体機能向上・運動機能向上・予防医療・外傷性疾患の治療など 

自己脂肪による
幹細胞を用いた再生医療

脊髄損傷・慢性疼痛・関節の障害・
プロアスリートの治療・ 身体機能向上・
運動機能向上・予防医療・外傷性疾患の治療など

再生医療クリニック国際美容外科の再生医療について

幹細胞再生医療における対象疾患

代謝性疾患 糖尿病・高脂血症・腎機能障害・腎臓病・痛風・慢性腎不全
脳・神経疾患 エタンブトール視神経症・顔面神経麻痺・群発性頭痛・自律神経失調症・神経後遺症・聴力低下・椎間板ヘルニア・てんかん・脳幹出血・脳幹部出血後遺症・脳梗塞・脳梗塞後遺症・脳出血・脳腫瘍・耳鳴り・脊椎管狭窄症
循環器疾患 急性心筋梗塞・狭心症・高血圧・不整脈・心房中隔欠損症・突発性心房細動
悪性腫瘍 悪性リンパ腫・胃ガン・肝臓ガン・胸膜性中皮腫・食道ガン・前立腺ガン・大腸ガン・卵巣ガン術後
神経変性疾患 ALS・アルツハイマー病・脳性麻痺・パーキンソン病・ニューロパチー
消化器疾患 肝機能不全・肝臓病・逆流性食道炎・腸炎・便秘症・慢性胆のう炎・膵胆管合流異常
呼吸器疾患 COPD・気管支拡張症・喘息・肺化膿症
免疫疾患 アトピー・アトピー性皮膚炎・アルコール蕁麻疹・アレルギー体質・シェーグレン症候群・
化学物質過敏症
運動器系・外傷 じん帯損傷・肉離れ・腰椎症・腰痛・頚椎脊柱管狭窄症・結核性脊椎カリエス
その他 更年期障害・サルコイドーシス・産後うつ・歯周病・褥瘡・前立腺肥大・男性更年期・手関節痛・
バセドウ病・ベーチェット病・緑内障

※上記疾患名は日本再生医療協会HPを参照し記載しています。

自己脂肪による幹細胞を用いた再生医療とは

再生医療とは、自然には再生できない身体の組織や臓器を再生させ、
機能を回復させる先端医療です。

私たちの身体の中の細胞は、絶えず入れ替わっています。また、これらの細胞の中には、再び細胞を生み出す力を持った特別な細胞があります。

この特別な細胞が『幹細胞』なのです。

幹細胞には、二つの大きな能力があります。ひとつは、皮ふ、血管、筋肉、神経などの身体の新しい組織を作り出す能力(分化能)と、もうひとつは、同じ能力を持った細胞に分かれる能力(複製能)です。また、抗炎能力にも優れており、痛みや炎症を抑える力もあります。

幹細胞治療は、患者さんご自身の腹部のわずかな脂肪から取り出した幹細胞を規定の数まで培養し、患者さんご自身に投与(点滴)する治療です。

投与するのは、自分の細胞なので、アレルギー反応や拒絶反応がほとんどない安全な治療法と言われています。

治療について

脊髄損傷の治療について

脊髄損傷の治療の現状

脊髄損傷は、交通事故やスポーツ中の不慮の事故などにより脊髄に損傷を受け、運動や感覚機能に障害をきたす疾患です。また、ヘルニアやぎっくり腰の様に生活の中でも発病することもあります。脊髄損傷は、損傷を受けた部位や程度により体に麻痺などの後遺症が残ったり、症状が重いと寝たきりになるなど社会生活に大きな影響を及ぼす場合があります。
しかし、現状では有効な治療方法は無く、後遺症を軽減するにはリハビリテーションが唯一の治療方法となります。

脊髄損傷の再生治療

現在、有効な治療方法が無く過酷な状況にある脊髄損傷の後遺症ですが、幹細胞がもつ創傷治癒能力や抗炎症因子の働きにより、症状の改善が期待されます。

2019年5月より札幌医科大学でも進められている脊髄損傷治療ですが、大学病院なので患者さんの受け入れ条件が厳しく、受傷から2週間以内に入院できる方で、入院後は30日以内に幹細胞投与治療が出来る方となっています。

再生医療クリニック 国際美容外科では、急性期を過ぎた受傷1ヶ月以上の患者さんを受け入れております。
受傷後、期間が短い方が高い効果が期待できますが、受傷後、数年経過された患者さんでも、投与回数を調整することで、治療効果は期待できます。


慢性疼痛の治療について

慢性疼痛の治療の現状

慢性疼痛は、日常診療において、非常に多くの患者さんからご相談を受けている症状です。種々の病因で発症し、治療が難しい為、鎮痛薬投与が長期となり、治療に困惑することが多い神経症候のひとつです。
患者さんは、毎日の辛い痛みに耐えることや、他の人には分ってもらえない症状の為に、出口が見えない苦悩が続きます。
慢性治療に関するまとまった治療指針はなく、医師個人の治療経験に基づいた限られた治療が行われているのが現状だと思われます。

慢性疼痛の再生治療

本治療では、幹細胞がもつ創傷治癒能力や抗炎症因子の働きにより、慢性疼痛の症状の改善が
期待されます。
身体の部位に関係なく、怪我や事故後の長引く痛み、ヘルニアや神経痛などの改善にも期待できます。
投与については、静脈点滴となりますので、ゆったりとした院内で安心して治療を受けて頂きます。

再生医療クリニック 国際美容外科が取り組む『第二種再生治療』について

再生医療クリニック 国際美容外科は、第二種再生医療機関です。

再生医療クリニック 国際美容外科のモットーは安全第一

幹細胞治療は自由診療となります。カウンセリングで患者さんのお話をじっくりお聞きし、幹細胞治療の目的や予想される効果、予想される不利益などもご理解頂けるまでお時間を取って、ご説明致します。

患者さんの腹部から安全に採取した脂肪は、再生医療クリニック 国際美容外科が契約した幹細胞培養施設(厚生局認可施設)で厳しい管理の下、安全に培養を行います。

再生医療クリニック 国際美容外科は、再生医療治療提供計画を厚生省に受理された医療機関として、患者さんの病の苦しみやお悩みに真摯に向き合い、「幹細胞治療を受けて良かった」と患者さんやご家族の方々からのお喜びの声をたくさん、頂いております。

幹細胞治療をご希望の患者さんは、お気軽にカウンセリングのご予約をお取りください。 

幹細胞治療について

幹細胞治療とは、ご自身の幹細胞が持つ創傷治癒能力(傷を治そうとする能力)や抗炎症因子(痛みの原因となる炎症等を抑える作用)の働きにより、症状の改善を図ることを目的とした先端医療です。

プロスポーツ・アスリートの方々の怪我の治療やメンテナンス、辛いご病気や事故などの後遺症の改善、もっと健康に生き生きとした生活を送りたい方々からのご相談などが日々、増えています。

自己脂肪組織採取から投与までの主な流れ

再生医療クリニック 国際美容外科のカウンセリングから投与までの流れ

1)初回カウンセリング

最初のカウンセリングで、荒木院長が、患者さんの状態を診察させて頂き、再生医療のご説明を丁寧に行います。
再生医療適応可能との診断後に、血液検査を行い、感染症の有無を確認します。血液検査結果に問題がなければ、脂肪組織採取日の予約をお取りします。
*幹細胞治療に於ける血液の検査結果の有効期限を1ヶ月とさせて頂きます。
*他院でのレントゲン写真、検査データ等がありましたらお持ち下さい。

2)脂肪組織採取

採取施術は脂肪吸引の施術が2000例以上の経験豊富な医師荒木院長が行います。
脂肪吸引のスペシャリストである荒木院長は、触診で患者さんの脂肪のつき方を判断し、脂肪層に適格に、アプローチします。荒木院長は、大学病院の整形外科医であり、30年以上の美容形成外科専門医として高度な手術を手掛けてきました。脂肪に含まれる幹細胞を傷つけることなく、無菌状態で、安全に採取します。

採取するのは、腹部の脂肪組織です。注射器で、わずか5~10g(約20cc)程度採取します。
施術には、局所麻酔を使いますので、施術中の痛みはありません。
また、メスを使わないので、縫合の必要もなく、採取後の傷痕も気になりません。

3)幹細胞培養方法

採取された脂肪は、専門の保冷容器に大切に保管され、直ぐに、厚生局認可の契約培養施設に運搬されます。培養施設では、厳しい管理の元、約4~6週間掛け、幹細胞の数が治療に必要な基準数に達するまで、安全に培養作業を行います。
培養完了後は、投与日まで、厳重な管理下で冷凍保存します。

4)投与方法

培養完了のご連絡を再生医療クリニック 国際美容外科から患者さんにお知らせします。患者さんのご希望の日をお決め頂き、再生医療クリニック 国際美容外科で投与します。投与後の検診については、カウンセリングでご説明します。

再生医療クリニック-国際美容外科-
〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前3-22-5 Mビル2号館8F