糖尿病の幹細胞上清液による治療

ヒト由来幹細胞上清液で膵臓の機能修復と炎症抑制
深刻な合併症を起こす前に、上清液治療で手を打ちましょう

幹細胞培養上清液で、『糖尿病治療』に取り組んでいます。

『糖尿病』の原因は、インスリンが足りない、またはインスリンが効果をださないことです。

インスリンが足りないと、血糖値を下げることができません。機能不全となった膵臓はインスリンの分泌量が少なくなります。ヒト由来幹細胞には、修復機能と炎症抑制機能があり、幹細胞培養に使った上清液にも、同じような性質があると言われています。 上清液治療では、インスリンを分泌する膵臓β細胞の修復を行い、膵臓の機能回復を目指します。また、『糖尿病』による炎症の抑制効果も期待できます。

糖だらけの血液で血糖値が上がり、血管内には活性酸素が大量に発生し、血管を破壊していきます。酸素や栄養素が身体全体に回らなくなり、自覚症状として、手足のしびれや痛みが出るのが初期症状です。深刻な合併症を起こす前に、上清液治療で改善を図ってください。

尚、インスリンが正常に分泌されても、内臓脂肪が多いと、インスリン効果を抑制する物質が分泌され、インスリンが効果を出しません。
上清液治療+食事療法+運動療法で、根本的な解決を提案します。
詳しくはお電話で、ご予約・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

『糖尿病』でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

再生医療クリニック-国際美容外科-
〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前3-22-5 Mビル2号館8F