自己脂肪由来幹細胞による 再生医療のご案内 
自己脂肪由来幹細胞による 再生医療のご案内 

自己脂肪による幹細胞を用いた再生医療とは

再生医療とは、自然には再生できない身体の組織や臓器を再生させ、
機能を回復させる先端医療です。

患者さんご自身の脂肪細胞から、幹細胞という特殊な細胞を取り出し、厳しい管理下で培養させ、患者さんご自身の身体に戻す(投与する)自己脂肪由来幹細胞治療は、厚生労働省から承認を受けた医療機関でのみ受けられる画期的な治療です。

投与するのは、自分の細胞なので、アレルギー反応や拒絶反応が殆どない安全な治療法と言われています。
幹細胞は、身体の『新しい組織』や『新しい血管』などに成長したり、自らを複製する能力を持ち、際限なく増殖が可能な働き者のスーパー細胞です。

厚生労働省の承認を受けた国際美容外科が取り組む
『第二種再生治療』について

国際美容外科は、承認を受けた第二種再生医療機関です。

現在、『再生医療』を診療科目に入れている美容外科が増えましたが、約90%は、第三種再生医療に区分される美容系の治療です。

国際美容外科は、厚生労働省の厳しい審査を受け、安全な細胞治療を提供できる医療機関として
承認された安心できるクリニックです。

対象となる幹細胞治療について

幹細胞治療とは、ご自身の幹細胞が持つ創傷治癒能力(傷を治そうとする能力)や抗炎症因子(痛みの原因となる炎症を抑える作用)の働きにより、症状の改善を図ることを目的とした先端医療です。

プロスポーツ・アスリートの方々の怪我の治療やメンテナンス、辛いご病気や事故などの後遺症の改善、もっと健康に生き生きとした生活を送りたい方々からのご相談などが日々、増えています。

自己脂肪組織採取から投与までの主な流れ

カウンセリングから投与までの流れ

1)初回カウンセリング

最初のカウンセリングで、荒木院長が、患者さんの状態を診察させて頂き、再生医療のご説明を丁寧に行います。
再生医療適応可能との診断後に、血液検査を行い、感染症の有無を確認します。
血液検査結果に問題がなければ、脂肪組織採取日の予約をお取りします。
*幹細胞治療に於ける血液の検査結果の有効期限を1ヶ月とさせて頂きます。

2)脂肪組織採取

採取施術は脂肪吸引の経験豊富な美容形成外科 荒木院長が行います。
脂肪のスペシャリストである荒木院長は、触診で患者さんの脂肪のつき方を判断し、脂肪層に適格に、アプローチします。荒木院長は、大学病院の整形外科医であり、30年以上の美容形成外科専門医として高度な手術を手掛けてきました。脂肪に含まれる幹細胞を傷つけることなく、無菌状態で、安全に採取します。

採取するのは、腹部の脂肪組織です。注射器で、わずか5~10g程度採取します。
施術には、局所麻酔を使いますので、施術中の痛みはありません。
また、メスを使わないので、縫合の必要もなく、採取後の傷痕も心配もいりません。

3)幹細胞培養方法

採取された脂肪は、専門の保冷容器に大切に保管され、直ぐに、厚生局認可の契約培養施設に運搬されます。培養施設では、厳しい管理の元、約4~6週間掛け、幹細胞の数が基準数に達するまで、慎重に培養作業を行います。
培養完了後は、投与日まで、厳重な管理下で冷凍保存します。

4)投与方法

培養完了のご連絡を国際美容外科から患者さんにお知らせします。患者さんのご希望の日をお決め頂き、国際美容外科で投与します。投与後の検診については、カウンセリングでご説明します。

治療について

慢性疼痛の治療について

慢性疼痛の治療の現状

慢性疼痛は、日常診療において、非常に多くの患者さんからご相談を受けている症状です。種々の病因で発症し、治療が難しい為、鎮痛薬投与が長期となり、治療に困惑することが多い神経症候のひとつです。
患者さんは、毎日の辛い痛みに耐えることや、他の人には分ってもらえない症状の為に、出口が見えない苦悩が続きます。
慢性治療に関するまとまった治療指針はなく、医師個人の治療経験に基づいた限られた治療が行われているのが現状だと思われます。

慢性疼痛の再生治療

本治療では、幹細胞がもつ創傷治癒能力や抗炎症因子の働きにより、慢性疼痛の症状の改善が期待されます。
身体の部位に関係なく、怪我や事故後の長引く痛み、ヘルニアや神経痛などの改善にも期待できます。
投与については、静脈点滴となりますので、ゆったりとした院内で安心して治療を受けて頂きます。

関節症の治療について

関節痛の治療の現状

関節症は、外傷性、内因性、その他種々の原因によって発症します。関節症の症状には個人差がありますが、正常な生活が妨げられ、余暇を楽しむ気持ちも半減します。現在、日本で行われている治療としては、外科的治療(手術など)、内科的治療(内服や薬剤投与)、その他数多くありますが、どの方法にも一長一短があり、関節症の重症度や原因に応じて選択されます。

関節症の再生治療

本治療では、幹細胞がもつ創傷治癒能力や抗炎症因子の働きにより、慢性疼痛の症状の改善が期待されます。

身体の部位に関係なく、怪我や事故後の長引く痛み、ヘルニアや神経痛などの改善にも期待できます。
注射で幹細胞を関節部に投与します。ゆったりとした院内で安心して治療を受けて頂きます。

国際美容外科のモットーは安全第一

患者さんご自身のパワーアップした幹細胞が最高レベルの免疫効果を発揮し、患部を徐々に治癒、改善していく幹細胞治療。

先端治療であるだけに、患者さんに適合するのかを見極める確かな診断が必要です。加えて、脂肪組織採取技術、培養技術、投与のそれぞれの部門に於いて、スペシャリストの熟練の技を求められる医療です。
厚生労働省の承認を受けた医療機関として、多くの患者さんの苦しみやお悩みに真摯に向き合い、「治療を受けて良かった」とお喜びの声を頂けるよう、取り組んでおります。

幹細胞治療をご希望の患者さんは、お気軽にカウンセリングのご予約をお取りください。

再生医療 総合医科クリニック-国際美容外科・福岡-
〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前3-22-5 Mビル2号館8F